Blog&column
ブログ・コラム

製造業とメーカーの違いについて

query_builder 2023/09/03
コラム
54
ものづくりに関する職業を探していると、「製造業」や「メーカー」という言葉を目にすることが多いと思います。
では、それぞれどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。
今回は、製造業とメーカーの違いについて解説していきます。

▼製造業とメーカーの違い
「製造業」や「メーカー」という言葉は、主にものづくりに関する職業で耳にすることが多いでしょう。
それぞれ違う意味の言葉だと思っている方も多いと思いますが、実は「製造業」と「メーカー」は同じ意味を表しています。
製造業(メーカー)は、製品やその部品・素材などを作っている会社や人のことを表す言葉です。
この業種をまとめて製造業やメーカーと呼びます。
では、製造業と呼ばれる業種にはどのようなものがあるのでしょうか。

■製造業(メーカー)とはどのような業種?
製造している製品によって分類されており、たとえば食品やアパレル・自動車・精密機械・鉄鋼などその種類は多岐にわたります。
製造業は日本の発展に大きく貢献しており、国内だけでなく海外に進出する企業も増えてきているのです。
そして、技術の発展によって製造業の需要は年々高まり、その種類も増えていくことが予想されています。
そのため、近年ではAIを導入する企業が増え、人件費の削減や作業の効率化を図っています。

▼まとめ
「製造業」と「メーカー」は同じ意味の言葉で、製品やその部品・素材などを作っている会社や人のことを言います。
この業種をまとめて製造業やメーカーと呼ばれるのです。
弊社では現在ゴム練り加工を行ってくれる方を募集していますので、製造業に興味のある方は気軽にご連絡ください。

NEW

  • 求人者さまに向けてブログ開設しました

    query_builder 2021/12/13
  • 製造業でやりがいを感じる場面とは?

    query_builder 2023/10/01
  • 製造業とメーカーの違いについて

    query_builder 2023/09/03
  • 製造業に必要なスキルとは?

    query_builder 2023/08/05

CATEGORY

ARCHIVE