Blog&column
ブログ・コラム

合成ゴムの歴史について

query_builder 2022/08/01
コラム
37
ゴムの製造には、古い歴史があります。
どのような歴史があるのかご存知でしょうか?
この記事では、合成ゴムの歴史についてご紹介します。

▼合成ゴムの歴史
■製造の始まり
・1839年:天然ゴムの硫黄による架橋が発見されたことで、欧米でゴム工業が誕生します。
・1900年:合成されたジメチルブタジエンが、史上初の合成ゴムと言われているんです。
・1915年:合成ゴムの研究開発が進められて、ドイツで工業生産を始めました。

合成ゴムは加工性が悪いうえに天然ゴムと比較すると劣っていることで、第二次世界大戦後に製造が中止されました。
しかし戦後にゴム製造は、民間企業に移されたことで改めて製造するようになったんです。
カナダやフランスなど各国で、合成ゴムの製造がされています。

■新規合成ゴムの開発
1950年代には、新しい合成ゴムの開発が活発になります。
そのため、ポリイソブチレン・クロロプレンゴムなどが開発されたのです。
1960年代になると、ゴム材料加工工程の省エネルギー化が進み、リサイクルなどの取り組みが始まりました。
また天然ゴム不足や自動車産業の需要の拡大に伴い、合成ゴムの生産が活発になったようです。
その後、天然ゴムよりも合成ゴムの生産量が増加しています。

■合成ゴムの未来
将来、原料や重合法・加硫法などで多くの種類の合成ゴムが開発されるようです。
そして、機械工業・自動車工業・電子電気産業の発展により用途が拡大されています。
今後は、ますます新しい種類のゴム開発がされるでしょう。

▼まとめ
合成ゴムの製造開発は、長い歴史があります。
現在の生産量は、天然ゴムより合成ゴムの方が増加しているんです。
また今後、ますます新しいゴムの開発が進むことでしょう。
岐阜県加茂郡にある「有限会社太成ゴム工業」では、ゴム製造現場スタッフを募集しております。
未経験歓迎なので興味がある方は、一度お問い合わせください。

NEW

  • 求人者さまに向けてブログ開設しました

    query_builder 2021/12/13
  • 合成ゴムの歴史について

    query_builder 2022/08/01
  • 合成ゴムにはどんな用途があるの?

    query_builder 2022/07/15
  • 主な合成ゴムの特性について

    query_builder 2022/07/01
  • 合成ゴムの切り方とは

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE