Blog&column
ブログ・コラム

合成ゴムにはどんな用途があるの?

query_builder 2022/07/15
コラム
36
ゴム製品である「天然ゴム」や「合成ゴム」は、幅広い分野で活躍しています。
人工的に作られたゴムは、どのように利用されているのでしょうか。
この記事では、合成ゴムにはどのような用途があるのかご紹介していきます。

▼合成ゴム
合成ゴムとは、ナフサや石油などから人工的に合成された化学工業品を指します。
人工的に合成されたゴム状の物質または、原料である合成高分子化合物の総称です。
近年では、耐熱性や耐久性・オゾン性など改良された合成ゴムが製造されています。
素材や特徴に合わせて、さまざまな用途で活用されているんです。

▼合成ゴムの用途
■ウレタンゴム
ウレタンゴムは、工業用ロールや高圧パッキン・自動車のタイヤやホースなどに使用されます。

■フッ素ゴム
フッ素ゴムは、化学工場などのパッキンやポンプ部品などに使用されます。
また耐熱性が高いので、ロケット内のパッキンにも採用されているんですよ。

■シリコンゴム
シリコンゴムは、テレビやラジオなどの家電製品に使用されます。

■クロロプレンゴム
クロロプレンゴムは、コンベアベルト・窓枠・防振ゴムなどの一般工業用として使用されます。

■ニトリルゴム
ニトリルゴムは、Oリング・オイルシートなどの自動車部品に使用されます。

▼まとめ
合成ゴムは耐熱性や耐油性に優れており、さまざまな場所で活躍しています。
タイヤなどの自動車部品として、利用されていることが多いです。
ゴムにはさまざまな種類があるため、素材や特徴に合わせて活用されているんですよ。
「有限会社太成ゴム工業」では、ゴム製造現場スタッフを募集しております。
未経験歓迎なので興味がある方は、ぜひご応募ください。

NEW

  • 求人者さまに向けてブログ開設しました

    query_builder 2021/12/13
  • ゴムの製造工程で大切な「混練り」とは

    query_builder 2022/09/15
  • 合成ゴムとは?

    query_builder 2022/09/01
  • 製造業の仕事の心得

    query_builder 2022/08/15
  • 合成ゴムの歴史について

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE